設計の悩み。DIY初心者が最も簡単に図面を描く方法とは?

こんにちは廣田です。

DIY初心者が図面を描くのに最も簡単な方法は何か?

図面を描く方法はいくつかあります。

それらを実際に描いて比較してみました。

それでは結果をご覧ください。

題材

今回の比較で描くは棚。

仕様は次のとおりです。

条件

  • 幅  :1000mm
  • 高さ :980mm
  • 奥行き:450mm
  • 板厚 :10mm
  • 背板 :厚さ2mm
  • 段数 :2段

比較対象

比較する描き方は次の4つ。

  1. 手書き
  2. Excel
  3. PowerPoint
  4. 2次元CAD

1.手書き

ノートにささっとシャーペンで描きました。
定規などは一切使っていません。

縮尺は適当。線は見てのとおり歪んでいます。

所要時間は4つの中で最速の1分です。
また縮尺を無視するおかげで、裏板を容易に認識することができます。

2.Excel

続いて表計算ソフトのExcelです。

まずセルを方眼状になるようにシートの設定をしました。
これに時間がかかり、所要時間は15分。

長さは1/100の縮尺で記入。縦横のバランスは良くわかります。

デメリットは長さの調節が非常にむずかしいことです。
すぐ線がずれるので、せっかくの方眼紙もあまり役に立ちません。

3.PowerPoint

プレゼンでよく使うソフトです。
シートの設定はデフォルトのままです。

長さはExcelと同じように1/100の縮尺で記入しています。

メリットは自動調節機能があり、位置の調節がしやすいことです。

所要時間も3分と早いです。
実際、わたしが自宅で図面をつくるときはこれを使っています。

4.2次元CAD(Auto CAD)

最後は仕事で使うCADで描いてみました。

久しぶりに使ったので、起動までにものすごい
時間がかかりました。

メリットはどんなに小さい寸法でも正確に表現できることです。

デメリットは専門知識が必要なこととソフトが高額なことです。

比較

それでは4つの描き方を比較してみましょう。

手書きExcelPowerPointCAD
所要時間1分15分5分5分
+起動5分
メリット早い!特にない自動調整精細
デメリット見た目悪い線がずれる家庭で
使わない
専門性
値段高い

結論

簡単な棚をつくる程度であれば手書きが1番!!

逆にExcelやCADは起動や設定に時間がかかり、ロスが大きいですね。

CADとかは便利なのですが、あくまで複雑なモノを作ったりする以外は
必要ないです。

ということで、
最初は紙と鉛筆だけで十分です。

慣れてきて、複雑なものをつくりたくなったら、アプリやソフトを
使って図面を描きましょう。

それでは。

お願い

あなたの感想を聞かせください。
当ブログではDIYに必要な知識・情報を今後もアップしていく予定です。
要望・質問もお待ちしております。