設計を学んで欲しいモノを作ろう!!

こんにちは廣田です。

何かを作りたくてDIYを始めるのですが、
本当にあなたが欲しいと思うものを作ることができますか?

簡単な棚とかなら大丈夫かもしれませんが、
机やテーブルなど複雑なモノになったら
おそらくむすかしいと思います。

それはあなたが設計を知らないからです。

そこで本日は「設計を学んで欲しいモノを作ろう」
というお話をいたします。

音声はこちら
→ 設計を学んで欲しいモノを作ろう!!

1:本当に必要なモノを作れますか?

DIYで何かモノを作るとき、あなたは何を参考にして作りますか?

書店の雑誌やブログなどを見ると思います。
ただし、それらの設計図に描かれている寸法が自分が欲しいと
思っている寸法を違う場合、悩んだりしませんか?

それはあなたが設計を知らないから悩んでしまうのです。

ひとつひとつの寸法は意味を持っています。
寸法を変えることで全体を見直す必要があります。

でも、設計を知らなければどうやってその寸法を決めるのか?
変更したら完成品にどのような影響があるのか?

そういったことが全くわかりません。
無理矢理に作ってしまうと完成した後に思わない
失敗をしている可能があります。

2:設計を学ぼう

寸法を自由に変えることができなければ
正直、DIYの魅力は半減してしまうと思います。
なぜなら既製品を買うのとあまり変わらないからです。

設計を学べばその悩みを解決することができます。

では、実際にどのようなメリットがあるのか?

3つのメリットを紹介します。

2-1:好きなサイズが作れる

まず好きなサイズが作れるようになります。

これができるようになるとあなたの部屋にぴったりの家具が
作れるようになります。

あなたは本当の意味で満足できるようになるでしょう。

2-2:コストを削減できる

設計を覚えることで多くの無駄をなくすことができます。

材料費の削減、作業時間の短縮など

設計を覚えるということは材料費だけでなく、作業時間の
短縮も実現できるのです。

2-3:オリジナルの家具をつくれる

設計を覚えると自分が欲しい機能や新しいデザインを追加することが
できるようになります。

さらにゼロベースから自分の欲しい家具をつくることも可能になるでしょう。

これはこの世に一つしかないあなたのオリジナル家具です。

3:自分が欲しいモノが作れる

設計を学ぶことで、本当に自分が欲しいモノが作れるようになります。

これはあなたに素晴らしい満足感を与えてくれるでしょう。

DIYでしか味わえない醍醐味だと思います。

4:他人が欲しいものが作れる

自分を満足させるだけではありません。
その能力があれば他人の欲しいモノも作れるようになります。

誰かのためにモノを作り、感謝されることは
自分のために作ったモノよりも
もっと素晴らしい感動を与えてくれます。間違いありません!

ただ
そのためには、相手の悩みを正しく理解し、それを解決する方法
すなわち価値を提供する必要があります。

設計とはそれを実現するためのツールなのです。

5:作ったモノが売れるようになる(かも…)

他人に価値を提供できるようになれば、かなりのスキルがあるはずです。

悩んでいる人に価値を提供できるということは、すなわち商品として売れる可能性があるということです。

ただ残念ながら、わたし自身がまだ実践できていません。

ただ、行きつく先はそのようになると信じています。
いつか記事にしたいと思います。

6:内容がむずかしい・・・

これまで設計の良さを語ってきましたが、デメリットもあります。

内容がむずかしいということです。
範囲も広く、大学で学ぶような内容がほとんどです。

ただ、私たちのやるDIYにはそこまでの内容は不要です。

今後、DIY初心者に必要な設計の知識を伝えていきたいと思います。

最後に

DIYの最初はテキストどおりにモノを作ることが大事です。

でも、そこで止まったらもったいない。
本来は自分の欲しいモノを自由に作れるようになることに
DIYとしての価値があるとわたしは思います。

設計を学んで欲しいモノを作れるようになりましょう!

それでは。